でいちゅうのはす

ワナビーの随想めいた日記のようななにか

4月6日 XRP 100円超え ガチホの難しさを思う

 

 

仮想通貨のXRP、どれだけビットコインの価格があがってもぴくりともしなかったXRPの価格が大きく上昇している。50円くらいのところからするすると上がり、気づけば100円に到達していた。

 

けれど、忘れもしない昨年12月23日のリップルショックにより、僕の手持ちのXRPは一度手放してしまっている。とはいえ遊びで買い戻していた分が、実はある。往時の5%にも満たない数量だけど・・・。とにかく価格あがるのは嬉しい。

 

めでたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつの銘柄、コインをずっと持ち続けることを、仮想通貨界隈ではガチホという。調べたことはないし調べる気もないけれど、ガチンコホールドの略だと思う。

 

仮想通貨は、結局この「ガチホ」ができる人が儲かっている。

 

安いところで買って、ガチホし続ければ、勝利、というわけだ。

 

 

そもそも下値で買うのが難しいのだけれど、もし幸運にも下値で買えたとしても、ガチホするのが難しい。

 

ただ持っているだけじゃん! と思うのだが、やってみるとこれが実に難しい。

 

ガチホを約3年やって諦めて。諦めた3ヶ月後のいま、急騰を目の当たりにして、つくづくそう思った。

 

経験から獲得した結論を言えば、ガチホに必要なものは、「銘柄への深い理解。その理解からくる大局観と、最終的には銘柄への愛情ときに狂気」・・・である。ただ我慢強いだけでは至れない世界がそこにはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下がったら含み損に耐えなければいけない。ときに激しい下げに見舞われることがあるし、仮想通貨は騰落が激しいので、比喩ではなく資産がゼロになることがある。いまはたまたま価格が高いから何も思わないけれど、どの銘柄も価格があがるという保証はまったくない。下がっていて、巨大な含み損が発生し、現に資産価値がゼロになるのを目の当たりにすると、心情的に非常に厳しい。

 

ここで売らない選択は案外とできるものだ。というか損失が大きすぎて怖くて売れないことも多い。けれど、そのあと上がって、損失が小さくなる、あるいはプラ転をしたときはどうか。株などでは「やれやれ売り」などと言うけれど、この誘惑にも、不合理にも耐えなければいけない。

 

あがったらあがったで、利確の誘惑がある。適切な価格、利幅を見極めるのは実はとてもむずかしい。買い時よりも難しいのが実際だ。早く利食いしすぎればガチホにならない。しかし持ちすぎて売り時を逃すこともある。不思議なもので、賢くトレードしようとすればするほど、こうした罠にはまりがちだ。

 

さらに予想外の悪材料、イベントが発生する。僕の場合、ガチホしていた銘柄が訴訟された。もともと訴訟されるような銘柄であればともかく、調査をしてみればそれなりに訴訟対策をしている銘柄だったにもかかわらず、公的機関から訴えられたことの衝撃は大きかった。これで僕はガチホから降りたし、多くの古参と言われる人も降りた。

 

 

このように、「持ってるだけ」の「ガチホ」は難しい。

 

持ち続けられずに大利を逃したのは、実に自分の器が足りていなかったのだと、真摯に反省するより他はない。

 

むねん。

 

 

 

 

 

 

4月5日 日経平均+235.25

 

日経平均が+235.25あげて、30,089.25円。また3万円に乗せた。

 

本屋に平積みしてあった今月のプレジデントの表紙には「バブルを思うのではなく、株価がどこまであがるかを考えるべきだ」という意味の文句が並んでいた。

 

需給ギャップが10−12月でマイナス2%が報じられたが、GDPはほぼ横ばい。日本時間23時半現在、ダウもナスダックも元気にあげている。

 

米国でもワクチン接種が進み、経済の再開が期待されている。日本も医療関係者への接種が終わり、次は高齢者への接種にステージが進んでいる。日本では接種実績が120万回に迫っている。ちなみにYahooのトップページで接種実績が見れるようになっている。リンクを貼っておく。

 

www.yahoo.co.jp

 

株価があがるとバブルバブルと深刻ぶって言い出すマスコミも、さすがに3回以上3万円を超えると、文句をつけないようでありがたい。

 

そもそもバブルがあったのは30年以上前で、その頃とは状況が代わり、世界の付加価値も時価総額もマネタリーベースも拡大している。だから株価だけを見てバブルというのは軽率な判断だと思うのだけれど、どうなのだろう。

 

とりあえず土地はさほどあがっていないし、大阪の路線価は逆に下がったという報道もあった。投機熱が高まっているというほどの状況ではないと捉えている。

 

そういうわけで、株価はまだしばらく上がってくれると信じているし、ぜひとも上がって欲しい。感謝。祈る。

 

 

 

 

 

4月4日 池江璃花子選手 東京五輪代表に(すごすぎる)

  

「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。すごくつらくてしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った。今すごく幸せ」

 

2021年4月4日、東京五輪代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権第2日で、女子100mバタフライ決勝で20歳の池江璃花子選手(ルネサンス)が57秒77で優勝。五輪代表入りを決めた。

 

白血病からの復活を目指して、プールでの練習再開から1年ほどのことなのだそうだ。

 

すごい。白血病という難病を患いながら、日本の頂点のひとつに立つというのは、生半可じゃない。これほどの困難を乗り越えて、偉業を達成

 

・・・自分の人生をかたちづくるのは、自分自身であり、自分の意志の強さなのだと、改めて強く認識した。こんなことが現実に可能なのかと、感動した。この出来事に、僕も強く勇気づけられた。

 

なので、書き留めておく。

 

 

www.nikkei.com

 

 

4月1日 日経210.07円高 エイプリルフール?

 

4月になれば株価があがると予想していて、実際にあがった。

 

しかし自分の持っている銘柄はむしろ下がり、含み損が拡大してて笑う。

 

これエイプリルフール? 力が抜けて損切できなかった。

 

 

 

 

 

3月31日 テストに出る? 同性婚の違憲判決文の要旨(札幌地裁)を見つけたので後学のために貼り付けておく

 

 

何かのテストに出るかも知れない。画期的な判決という評価なので、記録として残しておく。なんせ違憲判決だから当然か。

 

最初に断っておくと、僕個人としては、同性婚について、特別な意見はない。

 

自分が異性愛者で、周りにも異性愛者しかいないためだ。

 

意識が低くて申し訳ない。

 

 

 

で、この判決を読んで、初めて知ったことも多い。

 

昭和55年(1980年)ごろまで、同性愛は治療すべき精神疾患とされていたこと。さらに教育においても健全な社会道徳に反するとされていて、60代以上で同性愛に対する反応が厳しいのはそのせいだとも言う。

 

そして、一部の自治体で『登録パートナー制度』というものが出来ていて、それが出来始めたが平成27年(2015年)なのだそうだ。

 

www.marriageforall.jp

 

専門のサイトもあった。サイトの中で数えたところ、79の自治体で登録パートナーシップ制度が導入されているらしい。

 

勉強になります。 

 

 

 

札幌地裁判決

 

違法を指摘しながらも、請求は棄却している。事情判決というやつだと思う。

 

www.huffingtonpost.jp

令和3317日午前11時判決言渡し(802号法廷)
平成31()267号 損害賠償請求事件

 

◯主文

1 原告らの請求をいずれも棄却する。

2 訴訟費用は原告らの負担とする。

◯判決骨子

1 同性間の婚姻を認める規定を設けていない民法及び戸籍法の婚姻に関する諸規定(以下「本件規定」という。)は,憲法24条1項及び2項には違反しない。

2 本件規定は,憲法13条には違反しない。

3 本件規定が,同性愛者に対しては,婚姻によって生じる法的効果の一部ですらもこれを享受する法的手段を提供しないとしていることは,立法府裁量権の範囲を超えたものであって,その限度で憲法14条1項に違反する。

4 本件規定を改廃していないことが,国家賠償法1条1項の適用上違法の評価を受けるものではない。

 

 

===

 

参考:

憲法24条 家族生活における個人の尊重と両性平等 → 合憲判断

憲法13条 個人の尊重、生命・自由・幸福追求の権利 → 合憲判断

憲法14条 法の下の平等 → 違憲判断

 

憲法24条

1 婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

2 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

憲法13条

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

憲法14条

1 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分または門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

2(貴族の制度 略)

3(栄転の授与 略)

 

 

 

 

 

 

3月27日 孤食 黙食 出前のススメ  はしないのだろうか

 

 

 

3月21日をもって、全都道府県で、緊急事態宣言が解除された。

 

怖いのはリバウンドだが、ネットの情報、医者クラスタのツイートを見ると、順調にリバウンドの兆しがあるらしい。近々にワクチン接種が始まるので、4〜5月は、感染とワクチンの追いかけっこが始まるのではないかと思っている。

 

とはいえ、コロナ流行とその対策による飲食業界のダメージは大きいので、緊急事態宣言の解除自体には理解を示したい。

 

けれど、緊急事態宣言の解除で元通りの生活になったとは言えない。あくまでもウィズコロナの延長で、節度を持った生活が求められる。

 

このあたりを政府や地方公共団体は明確にアピール、呼びかけをしてやる必要があるのではないだろうか。

 

首都圏は独自に飲食店に向けて時短要請をしていく構えではあるが、とにかく営業時間を短くすればいい、という雰囲気で芸がない。3月29日は志村けんさんの一周忌だ。つまり新型コロナ発生から1年以上経過しているということ。なのに、まだ法律外の行政指導で対応している。さっさと時限立法するか条例を作ってしまえばよかったのに、あとあとでコロナ対応を振りかえったときに、行政の怠慢を責められるも仕方がないと思う。

 

 

コロナ感染しやすい場面は、閉じた空間に多人数が集まる状態、いわゆる3密だとわかっている。これを飲食店に当てはめれば、閉じた空間で、多人数が、近づいて、対話しながら食事する、という状況がまずい。

 

しかも食べていればマスクはつけられ無いし、お酒が入ればセーブが効かなくなるしでさらに状況は悪化する。

 

こうした感染しやすい状況を発生させないために、飲食店の営業時間を短くするよう要請するのはわかる。

 

 

 

けれど、飲食店をつぶさにみれば、感染対策が充分なところと、そうでないところがある。それらも一律に時短要請して終わりというのは、乱暴な処置だ。コロナ初期の混乱期であれば仕方がないが、もう1年経っているのだから、もう少し何かないのだろうか。

 

たとえば、こんなことが対策になるのではなかろうか。

 

・ 飲食店の食事の場の仕切りの有無や感染対策の徹底具合で、給付金金額と営業時間の制限を調整。あるいは法人税の優遇。

 

・ 消費者に向けて、孤食ないし親しい2人までの食事の推奨、黙食の推奨。

 

・ 飲食店には、Uber出前館などの出前専門業者を活用を推奨し、売上確保。

 

など。

 

 

 

 

 

感染対策というのは、現場でどれだけ気を使えるかで効果が決まってくる。

 

でもできることには限りがあるので、行政が提示すべきことは、①普通の感染対策していればやっていいこと ②人数制限などレベルの高い対策をしていればやっていいこと ③特別な事情が無い限り避けるべきこと ・・・の3つだろう。

 

ただ、それぞれ明確な基準を示すことが難しく、あくまでもガイドラインになる。ガイドラインのなかで実際にコロナが発生した場合に、罰則に段階をつける、結果責任方式で運用せざるを得ないと思う。曖昧な基準で、飲食店やイベント側にリスクを持たせるかたちになるが、しないよりはよいだろう。

 

そんなことを考えながらネットを漁ってみると、感染防止対策のガイドラインが存在した。業界の自主基準のようなかたちで設定してあるらしい。

 

ならば、業界団体と地方公共団体とですり合わせをして、時短営業をしなければならない基準の設定や、時短営業解除の認可を、感染の専門家を交えて、個別に調整していけば良いように思える。

 

 

■ ガイドライン一覧

https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf?20210322

 

■ 飲食店向けガイドライン

www.jfnet.or.jp

 

 

リバウンドを防がなければならない、という声はあるが、経済との両立というテーゼからしてみると、時短営業の強制という大雑把な網だけでは不十分で、感染対策のレベルによって扱いを分ける段階制が必要なのではないだろうか。なんとなく世間はウィズコロナではなくアフターコロナの雰囲気になりつつあり、感染したくない人は、自衛するしかなくなっている。これは問題だと思う。しょせんは独り言にすぎないのはわかっているけれど・・・。

 

 

 

3月13日『葬送のフリーレン』が面白い。読み返すたびに涙腺にジワジワ来る


Webサンデー公式

 

 物語の始まりは、冒険の終わりから

 

 格好いい公式PVにもあるように、この漫画の物語は、魔王を倒し、平和になって、魔王を倒した勇者ヒンメルも老いて死んだところから始まる。

物語の主人公は、勇者の仲間だった長寿のエルフ、フリーレン。長い時間を生きる彼女は、時間感覚が人間とは違いすぎて、人の心がわからないと自ら言う。

そんな彼女がかつての冒険の旅を追憶し重ねていくのが、この物語の骨子だ。

とぼけたことをやっていても、どこかもの悲しさが漂うのがこの漫画の持ち味だと思う。読み味は『キノの旅』に近いと感じた。

2021年漫画大賞では二次ノミネート10作品のうちの1つに選ばれている。

 

葬送のフリーレン
少年サンデーコミックス
山田 鐘人 (原著), アベ ツカサ (イラスト)

 

 

 

原作は山田鐘人(名無しは一体誰でしょう?/ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア) 

 

原作は山田鐘人氏。なろうっぽいという感想をよく目にするけれど、なろうとは特につながりは見当たらない。

 

サンデーのWeb漫画サイトで連載されていた、記憶喪失から始まるサスペンス 「名無しは一体誰でしょう?」の原作が初連載だ。

 

まったくジャンルが違うけれど、「名無し」も面白かった。異なるジャンルでも上手に物語を作ることができる人は、力量が高いというし、経験的にそれは正しいと思う。だから「フリーレン」の今後も期待できる。 

 

  5巻完結

 

「ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア」は山田鐘人氏の単独作品。フリーレンから逆にたどっていって読んだけれど、「フリーレン」の雰囲気に通じるものがある。通底するもの悲しさと、クスリと笑えるエピソード、心にガツンとくるセリフ。

 

僕が好きなのは「空白の間のコマ」だ。セリフの無い、絵だけのコマ。風景、遠景、後ろ姿、表情の見えない横顔・・・など画面の切り取り方、間のとり方がとてもうまくて、上質な映画を見ているような感じがする。読者の想像力を掻き立てる役割も果たしていると思う。

そしてこの「空白の間のコマ」は、パワーアップして「フリーレン」に引き継がれている。

 

 2巻完結

 

イラストはアベツカサ 印象に残る一枚絵

 

さっき「空白の間のコマ」が良いと述べたけれど、その「絵だけでセリフの無いコマ」のパワーを底上げしているのが、綺麗なイラストと練られた構図だ。

 

そのおかげで登場人物の感情表現は絵だけで伝わるし、「決めゴマ」は整った一枚絵を見るようで印象的。流星群の空を仲間たちと仰ぐシーン、勇者ヒンメルの葬儀に立ち会ったフリーレンが涙をこぼすシーン。「じゃあ私もそうするとするかな」のシーン。言葉数は少ないのに、印象に残る。

 

ネットで探してもアベ氏のバックボーン情報は見つからなかったけれど、美大出身なのかな・・・などと邪推してしまう。

 

山田氏とアベ氏、どちらが構図を決めているのか作業分担は外からではわからない。でも扉絵はイラスト担当のアベツカサ氏が構図を決めていると推察できる。とすると、コマの優れた構図はアベ氏の力も大きそうだ。

 

 

 ナイスタッグで送られる『葬送のフリーレン』

 山田氏とアベ氏がいい感じで相乗効果を発揮している『葬送のフリーレン』。このふたりを組ませた名も知らぬ編集さんにありがとうと言いたい。

 

とにかくこの作品は貴方の心に涙腺に、じんとくるのでおすすめできる。

 

ちなみに僕はいい大人のくせに3回読み返して3度とも泣いた。PV見ても泣いた。あれっ、ここまで書いてきてようやく気づいたけど、僕がひょっとして情緒不安定なのかな?(知らんがな)

 

 

 

葬送のフリーレン
少年サンデーコミックス
山田 鐘人 (原著), アベ ツカサ (イラスト)

4巻がもうすぐ発売(3月17日(水))